任意売却に消極的な首都圏の金融機関

世の中”アベノミクス”だなんだかんだいったって景気がよくなったな~って感じている人はごく一部であって実際の所、住宅ローンが支払えなくなって家を手放さなければならなくなってしまう人々が多いのは事実です。

その際に残ったローンを返済するために大抵は競売にかけられてしまうのですが競売にかけられてしまうと相場よりずっと低い金額になってしまいます。なので家を手放さなければならなくなってしまった人にとっては競売にかけられてしまうより自分の希望金額を提示しての任意売却をする事を望むのです。

住宅用家屋証明書 日野市

任意売却って言うのは大抵の場合、不動産屋さんを通じてその物件を市場において売りに出すことをいいます。任意売却で自分の希望金額で家を売却する事が出来れば、金融機関に残りの債務を返済しても多少のお金が手元に残るケースやまた売ったお金で残りの債務を支払った後でも返しきれず返済しなければならない金額も当然減ります。家を手放さなければならなくなってしまった人にとっては好都合といえます。

酒田市住宅改善支援事業について[予算額に達しました。7月1日] — 酒田市

では何故、金融機関(特に首都圏において)は任意売却に消極的なのでしょうか?その理由の一つとしては、そそもそも家なんて売りに出したからといってすぐに売れる訳ではありません。当然、金融機関もいつ家が売れるかなんてわからないし、そんなに長くは待っていられません。一刻も早く債務(貸したお金)の回収を行いたいのですから!当然期限というものだってあります。

仙台 競売

その結果、任意売却を行っても買い手がつかなかった物件は結局競売にかけるしかなくなってしまいます。なので金融機関としては競売にかけてもらった方が一刻も早く債務の回収を行えるので都合がいいのです。そういった理由から金融機関は任意売却に消極的になってしまうのではないのでしょうか?