検索エンジンを活用しています

「検索エンジン」とは 、インターネット上から、知りたい情報を見つけるため、あらかじめ分類し体系的に整理された情報の中から、「キーワード」で目的のページを検索する機能のことをいいます。インターネット利用者の90%以上が、何か調べたり、探したりする時に「検索エンジン」を利用していると言われています。こうした「検索エンジン」をより活用するためには、利用する人が「検索エンジン」を使って何をしたいのか目的意識を持って、ポイントを絞り込んだ検索を行うことがなりより必要なことになります。

満足度が高い匠のSEO

「検索エンジン」には大きく分けて「ディレクトリー型」と「ロボット型」とがあります。「ディレクトリー型」はヤフーなどに代表されますが、人の手によって各ウェブサイトから有用な情報をディレクトリーに収集して分類します。ジャンル別に登録サイトを細かく分類し、各サイトに短い見出しの文章が付いているのが特徴です。

Yomi-Search [ディレクトリ型サーチエンジン] の解説ページ

「ロボット型」はグーグルやグーなどに代表にされますが、プログラムが自動的にサイトを検索、情報収集します。ウェブサイトをすべてカバーするため情報収集の網羅性は高いと言えます。キーワードによっては、情報量は膨大ものになり。利用する上で検索結果をいかに上手に絞り込むかがポイントになります。

検索エンジン集

ところで「検索エンジン」の活用のひとつとして、「SEM」といわれる手法を使って、サイトに見込み客を呼び寄せるなど戦略的に利用する動きが活発になっています。ちなみに「SEM」はインターネット上の「検索エンジン」で特定のキーワードで検索した結果をリスト上の上位に表示されるようにするなどウェブサイトの構成や内容を調整する手法です。