とうとう我が社もM&Aにて統合されるので、しっかりと準備をしなければ

近年、会社の合併や買収と言われるM&Aが日本の企業においても、企業における成長戦略の一つとなってきました。その兆候の発端ともなった事例としては、ホリエモンさんで有名になったライブドアーがニッポン放送を買収しようとした辺りからではないかと思います。その構想は生憎実現しませんでしたが、近年では、NTTドコモがタワーレコードやらでぃっしゅぼーやを買収したことや、ソフトバンクが日本テレコムやボーダフォンなどを買収したことなどは記憶に新しいのではないかと思います。また、イーバンク銀行も楽天に買収されてしまいました。従って、現在の日本の数ある企業の中においても「とうとう我が社もM&Aにて統合されるので、しっかりと準備をしなければ!」と思っている方々も多くおられるのかもしれませんね。

中国税理士会|日税連研修ホームページ

確かに、M&Aということで双方の企業が合意する段階までも大変なのかもしれませんが、基本合意以降の処理も大変なのではないかと思われます。例えば、合併新会社の発足に当たっての法的な手続きを始めとして、会社全体が混乱し易くもなるでしょうね。とりわけ、統合準備作業が不十分だと会社全体の混乱が露呈してしまい、業務上の重大なミスやシステム障害が発生し易くなってしまうでしょうね。その結果、顧客に対してはクレームが発生してしまうということも無きにしも非ずです。

仙台 税理士はコチラ

とりわけ、クレームというのは最悪の事態のことではありますが、万が一クレームでも発生するような状況にでもなると、成長戦略のところが顧客離れや会社への不信感が増大してしまったりするので、業績が逆に低下してしまうでしょうね。そんなことにでもなると、当然のことながらセンスの良い優秀な社員も転職をしてしまうでしょうね。

グリー株式会社 (GREE, Inc.) - IR情報 - IRライブラリー - 決算短信

また、準備の業務が複雑になることが予想される中を、あえてM&Aに踏み切ろうとする企業の場合には、投資家というか株主から統合成果も求められることにもなるでしょうね。